]
]
]

百年後に
感謝される
家造り

杢巧舎は、湯河原・鎌倉を拠点とし、住宅・数寄屋造りの新築や、
古い民家の改築・修繕を手掛ける工務店です。
構造の組み方を考え、墨付け刻みをする伝統的工法、石場建てを主としています。

大工募集

経験、年齢、性別は不問です。
杢巧舎で本物の家つくりを追求しましょう。
伝統工法、石場建てを学びたい方を募集します。

大工募集

経験、年齢、性別は不問です。
杢巧舎で本気の家つくりを追求しましょう。
伝統工法、石場建てを学びたい方を募集します。

■メディア掲載のお知らせ■

チルチンびと119号に掲載されています。『石場建て』と『杢巧舎』の紹介です。

Patagonia公式サイト🔗に取材して頂きました。

グリーンズ(greens.jp)🔗に取材して頂きました。

湘南ジャーナル🔗に取材して頂きました。

■杢巧舎の日々の記録■

ホームページには載せていない、現場の工事風景をお届けします。
伝統的工法は作る過程が他の工法とは違います。
その違いを見てみてください。

株式会社 杢巧舎(もっこうしゃ) のカバー画像
5,336
株式会社 杢巧舎(もっこうしゃ)

株式会社 杢巧舎(もっこうしゃ)

伝統的な工法の工務店です。石場建て、土壁の建物を得意とします。古い民家の改修、数寄屋建築、お茶室等も施工いたします。

石場建て 完成見学会 準備完了一般の方から業界の方までお越しいただけるよう準備しました。明日お時間の有る方は是非お越しください。13日 10時より16時まで。メッセージで見学希望の旨お伝えください。神奈川県の湯河原町です。 ... もっと見る表示を減らす
View on Facebook
石場建て完成見学会を開催しようかと。今までやっていなかったんですが、今回杢巧舎 初の完成見学会を4月13日(土)に開催します。時間は10時より16時までとなります。20坪チョイチョイの小さな平屋です。当日はヨイトマケの櫓(やぐら)の展示、割栗地業ユンボの展示等普通の人は見てもしょうがない物も展示します。参加希望の方はホームページmokkohsha.jpのお問い合わせからご連絡ください。メッセージでも大丈夫です。同業者の方も見に来て頂いても大丈夫です。湯河原在住で場所がわかる方は突然来て頂いても構いません。エスポット前、廃業したホテルの裏になります。#杢巧舎#伝統工法#伝統構法#木組み#石場建て#土壁#竹小舞#墨付け#刻み#大工#木の家#木組みの家#注文住宅#茶室#数寄屋#古民家#和風住宅#和風#神奈川県#湯河原#湘南#鎌倉#工務店#木の家ネット ... もっと見る表示を減らす
View on Facebook
赤松 8m材 入荷私が長野に出向き立ち木を選木してきた物です。直材から曲がり材、細い物で末口26cm、太い物で末口40cm。松材を使うような粋な大工さんにも販売しますので、お声掛けください!杉の8m材や桧の足固め材もあります。こちらも販売します。長物をどんどん使いましょう! ... もっと見る表示を減らす
View on Facebook
唐松の杭。見学。急遽予定を変更し埼玉の綾部工務店の現場に見学に来ました。いずれはやるであろう松杭。重機はコマツ BA100『オーガ併用杭打ち機』なんとヤフオクに出てる・・・。ポチっとな。とはしません。6~7分で1本打ち終わります。音も重機のエンジン音ぐらいでうるさくありません。防腐剤も不使用です。松杭で対応出来る地盤も限られますが選択肢として広がります。 ... もっと見る表示を減らす
View on Facebook
石場建ての安全性杢巧舎の『石場建て』は告示690号を使う場合でも、限界耐力計算の検討をしています。よく平屋の『石場建て』だからと、壁量計算もそこそこに建ててしまう建物やアホな大工が耐力壁があるにも関わらず、おかしな場所へ不向きな継手を作ってしまったりしているケースも見受けられます。伝統的な『継手、仕口』を使用していれば万能か? そうではありません。手刻みしていれば安全か? そうではありません。設計者、大工、どちらかがアホだと成立しなくなります。あなたの建てている石場建て。きっちり構造の検討してありますか?おはようございます代表の山中です今日はお仕事の中身をチラ見せ致しますこの図面は石場建ての建物を伏図になります弊社の進め方は先ずプランニングと同時に基本チェックとして告示690号を見据えた壁量計算を行いますその後に、前述の検討を荷重の集計からの逆算でもチェックしますさらに...概ね内容が見えてきて意匠との整合ができていた段階で限界耐力計算でも簡易的にチェックをしていきますで、写真は限界耐力計算の復元力特性(いわゆる耐力要素)を集計していますこうやって波状的に検討して大丈夫だと確信している建物であっても第三者が見ても納得できる状態を保つようにしています進め方で言うと...エクセルで表を作って算出してもいいのですがこのように伏図へダイレクトに描き込んで集計するほうがどの部分が強くてどの部分のバランスが悪いか?などが一目瞭然なので私はこの方法でやっています打ち合わせや申請もなんかでもこのまま使っても何ら問題ないです高度な計算と言っても理解していれば積み上げる準備計算は単純なものです難しい計算書をどうやって作るのか?を学ぶのではなくいかにわかりやすい資料が残せるか?で進めるほうが素早く検討も進むかな?と思っております簡単な話し私が複雑なまとめ方?スマートなまとめ方をすると変更や確認で何だっけなぁ?となるのでこの方法を使っています(^_^;)逆に言えば想定段階で伏図や軸組を同時に見据えていなくてはこの方法は使えないので高度といえば高度なのかもしれませんね...仕事の一面をご紹介しましたm(_ _)m ... もっと見る表示を減らす
View on Facebook

株式会社 杢巧舎(もっこうしゃ)

〒 259-0312 神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜2003-1

TEL  0465-44-4744

FAX  0465-44-4746