株式会社 杢巧舎(もっこうしゃ)

内容一覧

杢巧舎紹介

杢巧舎(もっこうしゃ)紹介

杢巧舎は、主に葉山、鎌倉、湘南エリアで木と自然素材の注文住宅を手掛ける伝統工法の工務店です。新築はもちろん、古材を使った改築なども得意です。
杢巧舎の“舎”の文字には、“学び舎”への思いが込められています。大工を、伝統工法を、学び続ける決意をここに込めました。技術の進化に終わりはないのです。日本の風土と環境と材料に合った伝統工法。この伝統工法が持つ“意味や狙い”までも習得し、現代建築に活かします。
木と自然素材にこだわる伝統工法の杢巧舎では、一般の住宅と比べて、1.3~1.5倍くらいの材木を使用することが大きな特徴です。
また、梁は通常長くても4mのところ、杢巧舎では梁を6m飛ばすこともあります。ぜひ実物の迫力をご覧ください。
そして、杢巧舎は『創造する大工』です。
お施主さんのご意向を聞いた上で、その期待を越える住まいを創造し、提案します。
その創造と提案は、“プランを提示したら終わり”ではありません。
建築中もどんどん進化するのです。必要があれば、建築中にその手を止めて、お施主さんに提案と確認を行います。“いい家”を創ることに徹底してこだわりぬきます。『多少遅くなっても、この方がずっと良かった』と、これまでの全てのお施主様から感謝の声を頂いております。
更に、実は『断る大工』でもあります。お施主様のためにならないと判断すれば、遠慮せずにご要望をお断りすることもあります。

また、杢巧舎では伝統工法を身に付けたい大工見習を募集中です。一緒に『100年後に感謝される家造り』を極めよう!

お問合せをお待ちしております。

100年後に感謝される家造り

新建材と言われる材料は、20~30年程度で寿命が来る、と言われています。
杢巧舎では、材料は自然乾燥させた無垢の木を使用することで100年以上経っても強さを保ち、その構造では、外力を分散させることで地震に強さを発揮する『伝統工法』で家を造ります。
家造りにこだわるお施主様、大歓迎です。そのこだわりを我々にお聞かせ下さい!家づくりの過程をじっくり話しましょう!

会社概要

会社名
株式会社 杢巧舎
代表者
木村真一郎
所在地
〒259-0312 神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜2000-2
TEL
0465-44-4744
FAX
0465-44-4746

大工紹介

現在、伝統工法を身に付けたい大工見習いを募集中。杢巧舎の仲間になりませんか!

親方  木村真一郎(きむら しんいちろう)

親方木村真一郎 (きむら しんいちろう)

神奈川県湯河原出身。
宮大工から一般の工務店を経て『創造する大工』杢巧舎を創業。一般住宅はもちろん、宮大工から数寄屋大工までこなす伝統工法継承者。
仲間の大工や、地元の若い衆から慕われるその人柄は、まさに『親方』。
木と自然素材にこだわった伝統工法で造る注文住宅にすべてを注ぎ、日常の行動すべてに大工仕事につながるヒントがあるという。その耳にかけた鉛筆の削り方にさえも、こだわる。また、夢でも大工仕事をこなし、夢の中で突き当たっている課題が解決したことも。そして起きたら当然大工仕事に没頭。
趣味は、一つのことにアツくなり、のめり込み、次へ行くタイプ。これまでには、ボウリング、カメラ、ギター、車、オフロード走行、モトクロス、バイク、祭り、酒、パソコン、などなど“男の子の夢”に一通りハマってきた。これからは茶道と自然木を活かした茶室。

大工  須藤直弥(すどう なおや)

大工須藤直弥 (すどう なおや)

神奈川県湯河原出身。
家具職人から大工への転身のため、細かな木の細工が大好き。“無垢の木”を造作する仕事にたずさわり続けたい。
無垢の木の魅力は、いくつもあります。
無垢の木を鉋(かんな)で仕上げたときの美しさ。
無垢の木は工業製品ではないので、同じように加工していては、同じように仕上がらないことが面白い。それはその木、それぞれの特徴を活かしながら造作することが、難しく、そして面白いです。
無垢の木は、年月が経つと雰囲気が出てくる。
そして、工房で刻んだ無垢の材が、現場できれいにピタッと収まったときに、『よしっ!』と思います。
そんな無垢の木を活かす伝統工法を親方からどんどん吸収中。継ぎ手の種類、継ぎ方、仕口(しくち)の意味、を知ることがとても楽しい!
趣味は、ロック、高校の部活はバドミントンで、最近またバドミントンを再開。

大工  幸内元秀(こううち もとひで)

大工幸内元秀 (こううち もとひで)

北海道出身。
『日本の伝統を守る仕事をしたい』と考えていたときに、テレビに出演していた木村親方を見て、そのまま履歴書を持って『会って下さい!』と北海道から湯河原まで飛んできた行動派。
葉山の現場が仕事のスタートで、初仕事は石膏ボードを張りました。
休日でも刃物研ぎをし、工房でのBBQ会でも途中から材木を刻み出す、“ものづくり大好き”人間。学生時代の技術の授業で大工仕事が好きになり、“マイ鉋(かんな)”を買いました。
お施主さんが『グッとくる』仕事をしたいです!頑張ります!
趣味は、音楽鑑賞、高校時代の部活はバスケットボール。