株式会社 杢巧舎(もっこうしゃ)

内容一覧

施工事例

100年後に感謝される家造りのためのこだわり

天然乾燥させた無垢の木を使用

天然乾燥させた無垢材は、100年以上も強靭な強さを保ちます。 (靱性が高い、と言います)正確には、建築後も何十年もかけて、その靱性が高くなって行きます。

伝統工法は、地震に強い

杢巧舎では、一般的な木の家と比べて、1.3~1.5倍の構造部材の材木を使用します。伝統工法は、外力を分散させる構造です。6mもの長い梁(他の伝統工法の工務店では4mの梁が多いです)を使うことで、継手部分を減らします。梁と柱をつなぐ部分には、木栓(もくせん)で固定します。この木栓は1つで約1トンの外力に耐えます。杢巧舎では、この木栓を1軒の家に約500ヶ所使用します。つまり500トンもの外力に耐える家になります。

手刻みにこだわる

この継手と木栓による構造は、機械によるプレカットでは出来ません。
天然乾燥させた無垢材を、木の特性を知り尽くした大工が、その特性を活かして手刻みすることで、100年後に感謝される家を造ります。

通風と雨仕舞い

木の家は雨や湿気に弱いという印象を持たれているかもしれません。
しかし日本には何百年も建っている神社やお寺があります。宮大工の伝統技術を受け継ぐ杢巧舎は、“通風”と“雨仕舞い”といった、家の“目に見えない部分”で、その技術と工夫を凝らし、木が露出している部分には天然成分の特別塗装を施すことで、100年後に感謝される家を造ります。